“Going for Green”を合言葉に、地球環境に順応する技術・製品の開発を行っています。

キレートマリン

近年、工場排水・生活排水等により湖沼や内湾等の富栄養化による藻類の繁殖、ヘドロの堆積、水質悪化、悪臭等の発生等が問題となっています。キレートマリンは、鉄分(フルボ酸鉄)とケイ素を溶出し、植物プランクトン(珪藻類)を増殖させて、富栄養化を抑制し、ヘドロを分解して水質を浄化する効果が実証されています。
キレートマリンを使用することにより、半年~1年後にはベトベトして足を踏み入れることが出来なかったヘドロ地が消失して砂地が現れ、エビ、アサリ、カニ、ゴカイ等が増加するなどの効果が報告されています。

  • 底質から溶出した鉄イオンやケイ素は、水中の珪藻類に取り込まれることで、珪藻類が増加します。
  • 増加した珪藻類が水中の窒素やリンを取り込むことで、水中の窒素やリンの減少につながります。
  • また、鉄イオンは水中のりんと結合してリンを減少させます。

  • 嫌気性の底質にキレートマリンを設置することで、鉄イオンとケイ素が溶出されます。
  • 鉄イオンは、嫌気性の底質で硫化水素イオンと反応し生物に有害で悪臭の原因となる硫化水素の発生を抑制します。

  • 硫化水素の発生を抑制することで、底生生物の生息しやすい環境が形成され、生物量や生物の多様性が向上します。
  • また、溶出したケイ素や鉄イオンは、付着珪藻に取り込まれることで、付着珪藻を増加させます。付着珪藻を捕食する底生生物や、巻き上がった付着珪藻を捕食する魚介類などの成長が促進されます。

キレートマリンによる環境改善技術は平成28年度の環境技術実証事業(ETV)「閉鎖性海域における水環境改善技術分野」で、実証番号090-1601を取得しました。
ETVは、環境省が先進的環境技術の評価技術を行い、客観的に環境保全効果を実証することで、環境技術の普及促進を後押しする事業です。評価試験は第三者機関によって行われ、水環境の改善効果(鉄イオンによる硫化水素の固定、珪藻類の増加)が実証されました。

キレートマリンは森のミネラル分を参考にしてつくった自然素材ベースの水質・底質浄化炭です。
天然炭(竹炭)、キレート材(フルボ酸)、鉄粉等を配合しています。
食物連鎖を健全にし、環境を豊かにします。ヘドロの減少、水質浄化、魚介類の増加等の効果があります。

※事例の数値は実測値であり保証値ではありません。

キレートマリンの原料には廃棄物や化学物質などの使用はないため
安全性が高く安心してご使用いただけます。
水質汚濁に係る環境基準は基準値以下となっています。

パンフレット ダウンロード

PAGETOP
Copyright © Finetech CO.,LTD. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.