東京工業大学 長井准教授から有機半導体可視光触媒の技術移転を受け、現在研究及び製品開発向けの懸濁液の販売を開始しました。